ページトップ

WIZの人

在宅サービスセンター
管理者の和泉秀樹さん

在宅サービスセンター

リハビリを利用者の生き甲斐に

福祉施設の人当センターは、大崎・西品川エリアの高齢者を中心とした通所介護サービスを実施しています。2014年3月24日より新施設での事業を開始し、最新の設備をセレクト。当センターは、大崎エリアの高齢者を対象とした在宅介護支援を実施しています。品川区の管理事業計画に基づき、最新の設備をセレクト。特にデイサービスのリハビリテーションは、利用者ができるだけ楽しく取り組めるよう使いやすくてシンプルな機器を導入。午前と午後に体操をして、リハビリテーションを行います。「リハビリは苦しくてい・辛いもの」というイメージが強いかと思いますが、そんなイメージを払拭できるサービスを目指しています。リハビリが利用者の生き甲斐となり、自立した生活につながればうれしいですね。

開かれた介護福祉施設

福祉施設の人施設内は窓が大きく、明るい雰囲気です。利用者のみなさんからは「優しい施設だね」というお褒めの言葉もいただいきます。広々とした施設で思いやりある沢山のスタッフでお迎えしますので、是非多くの人に見て、知っていただきたいですね。見学希望者や介護者教室などの勉強会にも積極的に対応しています。街の人が安心して家族を任せられるような、明るくて開放的な介護福祉施設でありたいと考えていますので。

介護が必要な方も安心して一人暮らしできる街

今後の取り組みとして課題は、地域との繋がりを強めてこうと考えています。一つ例をあげますと地域とのつながりの再構築。特に力を入れたいのが、近隣の保育園や学校との交流を図っていますです。これまでも大崎中学校の生徒は年に1回職場体験に来てくれています。ボランティア体験は、認知症や介護が必要な方に対する若い人の理解が深まる絶好の機会です。なかには、これをきっかけに福祉の道に進んでくれる人も。人の手助けを必要とする方が安心して地域で一人暮らすしするためには、周囲の温かい支え温かさが必要です。積極的に手を差し伸べることが初めの一歩。大崎に住む方々人々が、温かくつながるお手伝いができたらいいなと思っています。